關於部落格
  • 35753

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

首次挑戰莎士比亞舞台劇"奧塞羅"

2人は04年の舞台「シブヤから遠く離れて」以来2度目の顔合わせとなる。

蜷川氏は「一緒に仕事をした時から
いつか優ちゃんはシェークスピアができる女優さんだと思っていた。
『オセロー』をやると決めた時に、真っ先に優ちゃんが思い付いた」。
同年のシリーズ第13弾「タイタス・アンドロニカス」
をともに観劇した際に蜷川氏が出演を持ち掛け、昨年正式に企画が立ち上がった。

「オセロー」は壮年の黒人将軍オセローと
若き白人の妻デスデモーナの数奇な夫婦愛を描いたシェークスピア4大悲劇の1つ。
蒼井は、策謀にはまった夫に殺害されるデスデモーナを演じる。
オセローは吉田鋼太郎。

蜷川氏は「優ちゃんの良さは、きれいで誇り高くて
一生懸命で、ちょっと生意気そうで、そこが僕には新鮮に映った。
デスデモーナの役は、上品で、美人で、奔放さと強さがある。今の優ちゃんにはぴったり。
これ以上のデスデモーナはいないと思う」と信頼を寄せる。

蒼井は、蜷川氏とのシェークスピアに
「また1つ夢がかないました。前回に学んだことを生かしつつ
新たな気持ちでたくさんのことを吸収したい。そして今回もめげません」と語り
厳しい稽古(けいこ)で知られる蜷川演出についていく覚悟を決めている。
すでに数冊の翻訳本を読み込み、作品の世界観に触れている。
「正直、1人で戯曲を目で追っている今の時点ではまだデスデモーナの感覚は
私の中にないもののように感じられます。
周りの方と合わさった時、どう変化するのかが楽しみでなりません」。

10月5日の彩の国さいたま芸術劇場を皮切りに
富山、名古屋、北九州、大阪の全5カ所で公演。









博克萊-奧瑟羅(奧塞羅)
http://www.books.com.tw/exep/prod/booksfile.php?item=0010190729

彩の国さいたま芸術劇場
http://www.saf.or.jp/







哈哈哈哈阿哈哈哈
哈哈哈哈哈哈哈哈
非常好
決定不去看GAM了

我要找原著來看
再惡補日文
GO!!!




相簿設定
標籤設定
相簿狀態